湘南新宿ラインの問題点

 湘南新宿ラインは、事故があったわけでもないのに止まったりします。それは、複数の路線にまたがっているのが影響しています。

 通常、事故があると、その路線のみ止まって、その前後の駅で折返し運転をしたりします。でも、湘南新宿ラインはそのダイヤ変更の間に入り込まないといけないので、関係無さそうだけど止まらなくてはいけないのです。

 もう1つの問題は、既存駅のホームと離れすぎている場合があるということです。特に山手線に多く、よく利用する利用者からも不満の声が挙がるし、旅行者などは、そこで迷子になったりします。

 県外の人間にとって、普通、同じ名前の駅って同じところにあると思いますもんね。

 また、同じ路線に似たような快速電車があるというのも、混乱を招いています。

 渋谷〜戸塚の間で、東海道線は特別快速・快速があり、横須賀線は快速と普通あるのですが、東海道線は間の駅を飛ばすのに対して、横須賀線は各駅停車になります。

 まあ、なかったら困るんで、便利なのは便利なんですけどね。個人的には、もうちょっと運賃を安くしてもらいたいです。