新宿湘南ラインと東横線との戦い

 2001年12月のダイヤ改正により、湘南新宿ラインが誕生した時、影響を受けたのは、東急電鉄の東横線でした。

 それまで追い抜きの関係で停車駅が多く、のんびりと運行していたのですが、そんなことしてられない状況になり、東横電鉄は「特急」の運行を始めました。それが、東横特急です。

 それをあざ笑うかのように、湘南新宿ラインは、1日64往復の増発に踏み切ります。2004年10月の日経新聞によると、この増発により、湘南新宿ラインの1日の利用者は12万人と倍増しました。

 当時のJRの調査によると、湘南新宿ラインに転向した乗客の内、元々私電を利用していた人が3割いたそうです。東横電鉄は大打撃を受けたんですね。

 でも、巻き返しはこれからです。2007年に東横線複々線化工事が完成したら、武蔵小杉〜日吉のスピードアップ化が図られるかもしれません。

 また、2012年度には東京地下鉄13号線と東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線の相互直通運転が開始される予定だそうで、まだまだどうなるかわかりません。

 どちらにしても、利用者にいい方向に向かって欲しいですよね。